7.0
 合計21件のレビュー
評価しますか
この映画を見たい?
 映画を見たい    しない

50% 欲しいです,合計 154

レビュー  |  共有する 

ヒットマン エージェント:ジュン プロット

クォ・サンウが元暗殺者の売れない漫画家を演じるアクション。国家情報院に拾われ、暗殺要員として育てられた孤児少年は「ジュン」と名付けられ、またたく間に対テロ保安局のエースとなった。しかし、幼い頃からの夢であった漫画家になる夢を捨てられず、任務中に死を偽装して姿を消す。15年後、ジュンは憧れであった漫画家になったものの、まったく売れずにバイトと妻の稼ぎでなんとか生活をしのぐ日々を送っていた。自暴自棄になったジュンは酔った勢いで暗殺要員時代の国家機密をネタにした漫画を配信し、その漫画が大ヒットしてしまう。しかし、漫画を読んだ国家情報院とテロリストにジュンが生きていたことがバレてしまい、命を狙われる事態となってしまう。

ヒットマン エージェント:ジュン オンライントレーラープレイ

ヒットマン エージェント:ジュン 俳優

ヒットマン エージェント:ジュン 写真

ヒットマン エージェント:ジュンコメント(1)

rzxxiz
rzxxiz
ネタバレ! クリックして本文を読む
They usually listen with punishment, but this kid is a tough one.
He has no fear. He beat up three ninth-graders at once. They're
way bigger than him. His dad was an Olympic taekwondo athlete.
His mom was an Olympic gymnast. They both.......
甘いマスクにマッチョな体。もうそれだけで万人受けするのに、役者としても申し分ないなんて... 「天は二物を与えず」なんて誰か言ってたけどクォン・サンウという方には四つも五つも持ってるからそんなの関係ないのか⁉

I just... want to draw cartoons. Because it makes me feel good.
While I draw, I forget everything. Bad things don't come to mind.
NIS(AKA: 国家情報院)って意味不明の組織でいまいちよく分からなかったけど親を亡くした元気で強い子供を探しているなんて聞くとまるで... 梶原一騎原作の"虎の穴"か横文字映画の女性アサシンか?

主人公のジュンが、殺しの世界でなく今流行りの韓国発の"Webtoon"の漫画・クリエーターになりたくて、作戦行動中に死んだふりして組織を脱走.. でも人生思ったようにうまくいかず、漫画家の夢が... 奥さんから頭をはたかれても、娘から完無視されても、しかもお金を奥さんからせびるなんて、そんなオドケタ演技ができるのは、クォン・サンウという俳優さんの人柄なのか?

"Webtoon" に裏の家業のことを載せちゃったからNISからも石橋蓮司さんを細くして、髪の毛をパツキンにして、しかもフサフサって、ジュンに兄弟は殺されるわ、顔を焼かれわで、復讐心満々のキショイおじさんからも命を狙われるジュン。三つ巴のアクション映画にコメディも付け加えるなんて、考えても面白いシナリオだけど... チョット奇想天外すぎるかな? でもコメディとしたら面白かったし、笑えたかな。でも韓国の人って、人に向けてツバ吐いちゃうって、今話題の "COVID-19" こともあるし、考えものだし、体裁も悪いかも

映画監督さん。作中にアニメと実写を絡めたハイブリッド映画に仕上げているけど、どう見てもアニメの方が見た目で大掛かりってことは、予算削ったのかな?そんなのズッコい。ある場面なんか鉄製の門を突き破って逃走した後の車のフロントやバンパーなんて、傷一つありませんから、ピッカピカですから...

最後は間延びのした、倉庫限定のソリッド・シチュエーションになってたけど全体を通して笑えたし、アクションもよかったし、満足の一本ってか?    何か?