7.6
 合計32件のレビュー
評価しますか
この映画を見たい?
 映画を見たい    しない

50% 欲しいです,合計 115

レビュー  |  共有する 

明日に向って撃て! プロット

実在した2人のアウトローをモデルに、彼らの自由奔放な生きざまをユーモラスかつシニカルに描いた青春西部劇の傑作。19世紀末のアメリカ西部。列車強盗で大金を手にしたブッチ・キャシディとサンダンス・キッドは、新たな夢を追い求めて南米ボリビアへと向かう。彼らはここでも銀行強盗を繰り返し、逃避行を続けるが……。主人公のブッチをポール・ニューマン、サンダンスをロバート・レッドフォードが演じる。

明日に向って撃て! 俳優

明日に向って撃て! 写真

明日に向って撃て!コメント(20)

kzbnbtx
kzbnbtx
ネタバレ! クリックして本文を読む
「明日に向って撃て!」シリーズ第1作。

Blu-rayで鑑賞。

「アメリカン・ニュー・シネマ」の言わずと知れた代表作。
…と言うか、この潮流に乗ってつくられた作品たちはどれもが名作…。だからこれといったものが選べないのが正直なところだよなぁ…(笑)

それはさておき、ブッチ・キャシディとザ・サンダンス・キッド―実在したふたりのアウトローの、まるで閃光のような生き様が胸に迫って来ました。
ポール・ニューマンとロバート・レッドフォード―ふたりの名優のアンサンブルが秀逸の極みでした。とてつもなくカッコいい! 惚れ惚れとしました…。

ブッチとキッドは“壁の穴強盗団”として銀行強盗や列車強盗を働いて西部を荒らしまわっていました。しかし民衆からは体制に歯向かうヒーロー的な存在として慕われていました。
そんな彼らでしたが、これまでの犯行により恨みを買い、徹底的に追い詰められました。どこまでもどこまでも追い掛けて来る追手が恐ろしい…。正体不明感が漂うのもいい感じでした。

西部開拓時代も終盤に差し掛かり、馬の代わりに新しい移動手段として自転車が登場するなど、静かに、しかし確実に時代が移り変わろうとしていました。
そんな変革の波の中で列車強盗などは時代遅れの犯罪となり、ふたりは時代に取り残されていくことに…。一度は足を洗おうとするもやはり上手くいかず強盗に逆戻り。
やがて彼らを追い詰める包囲網は着実に狭まり、ふたりの逃亡劇は絶望的な結末へとひた走っていきました…。

全編に渡って“滅びの美学”が充満していました。堪りませんでした。
胸を焦がすほどの焦燥に駆られてもユーモアを絶やさないふたりのやり取りにクスリと笑ってしまうものの、待ち受けている結末が救いようの無いものであるが故に、心が穏やかじゃなくなりました。胸が掻きむしられるようでした。
時代にそぐわないと分かってはいても、その生き方しか貫くことができない…。とても悲劇的でした。追い詰められたふたりが“明日に向って撃”とうとするラスト・シーンは映画史に残る名場面だなと思いました。
rckylt
rckylt
この映画は公開後も名画座で掛かった際に何度か鑑賞してすぐさまサントラLPを購入して何度も聴き返し生涯の愛聴盤となり、更にリバイバルロードショー時に(試写会でも劇場でも)も鑑賞した、余りに思い出深い、愛着のある映画。

当時自分の部屋の壁は、映画館のようにこの映画や「ワイルド・バンチ」や「イージー・ライダー」なんかのウエスタンとかニューシネマ系のポスターでいっぱいだった....

そしてこの映画の後には、人気にあやかったエッタ・プレイスのその後を描いた後日談「続」と、二人の出会いを描いた前日談「新」が作られて3部作となっており、当然ながらそれらも漏らさず全て鑑賞した。

特に前日談は、若き日のウイリアム・カットとトム・ベレンジャー主演で、ビートルズ映画で有名なイギリス人監督のリチャード・レスターだったことが非常に興味深かった。
後日談は、流れ的にキャサリン・ロス主演作でしたけどね。

こうしたスタイルの作られ方も、後の「男たちの挽歌」シリーズのごとく、今では珍しくないですが、当時としては結構異色だったように記憶している。

また、ここ作品のスピンオフ的「スティング」というのも作られてますしね。
いろいろな意味で、映画史にその名を残す名作です。
wsgaen
wsgaen
物語が進んでいくごとに悲壮感が漂っていく感じがいい。まぁ、あのラストシーンは、これまでの映画史上でももっとも美しい。
iuziiw
iuziiw
まさしくニューシネマだねぇ。

10年ぐらい前に「イージーライダー」を観て、「何だこりゃ?」状態だった。それ以来、アメリカン・ニューシネマは敬遠しがちだった。けれども、この映画はガツンと来た。これからはアメリカン・ニューシネマも観てみようかしら。

この映画の「人生同じことの繰り返しなんだぞ」感は半端ない。主演のポール・ニューマンとロバート・レッドフォードは逃げるだけで、何も成長せず、女まで捨てて逃げまくり、最後まで同じことを繰り返す笑。でもそれは、多くの人の現実なんだろう。
でも、そんなことわかってるよ。
自分がダメなことなんてわかってる。
ダメな人間だらけだよ世の中。
分かり切ってる。もうそんな当たり前のことに、いちいち頭にくるのもうウンザリだ。
この気持ちをわかってくれよ。わかってくれよ。
この映画の中の二人は、わかってくれない世間に対する執着心からギャングをやってるように見える。
生きにくい世の中に対する悲痛な叫びだよね。

最近の映画、って言うか俺が好き好んで観る映画のシナリオって、とてもパターン化されているんだな。
tzdywgs
tzdywgs
邦題が一番イケてない映画。

共有する

関連ニュース

関連映画

キャプテン翼 明日に向って走れ! キャプテン翼 明日に向って走れ!
プロット  日本
03月15日 1986 劇場で

輝く夜明けに向かって 輝く夜明けに向かって
プロット  フランス・イギリス・南アフリカ・アメリカ合作
01月27日 2007 劇場で

フットルース 夢に向かって フットルース 夢に向かって
プロット  アメリカ
01月01日 1900 劇場で

愛に向かって走れ 愛に向かって走れ
プロット  アメリカ
01月01日 1984 劇場で

夕陽に向って走れ 夕陽に向って走れ
プロット  アメリカ
03月28日 1970 劇場で

大森林に向って立つ 大森林に向って立つ
プロット  日本
09月23日 1961 劇場で

ニューリリース