6.9
 合計18件のレビュー
評価しますか
この映画を見たい?
 映画を見たい    しない

50% 欲しいです,合計 119

レビュー  |  共有する 

王の涙 イ・サンの決断 プロット

名君として名高い李氏朝鮮第22代国王イ・サンの暗殺計画として、1777年7月28日に起こった「丁酉逆変」を史実とフィクションを巧みに交えて映画化。理想を抱きながらも暗殺の危機に怯えていた若き王が、偉大なる王へと成長していくきっかけとなった運命の一日を描いた。宮廷内の最大派閥である老論派の陰謀により、幼い時に父を殺され、25歳で祖父から王位を継いだイ・サンは、陰謀渦巻く宮廷内で常に命の危険を感じていた。それでも、理想の治世を実現しようと老論派の排斥に動き出すが、そんな彼に対して、老論派は当代一と言われる刺客ウルスを使い、暗殺を企てる。監督は、テレビドラマ「チェオクの剣」などの演出で高い評価を受けてきたイ・ジェギュ。

王の涙 イ・サンの決断 俳優

王の涙 イ・サンの決断 写真

王の涙 イ・サンの決断コメント(3)

dbnjfo
dbnjfo
全くの予備知識なし
アクションものとは知らずに観はじめましたが面白かった!!
この国の王室も難しいのですね・・・・
しかし、これまでの暗殺軍団があったのか?
(この小さな国に必要なのか)
カムイの世界もあるのだから・・・・と
あと、おばあさん若過ぎ!!
vjjfzz
vjjfzz
親切にオープニング前に宮廷相関図を説明してくれたけどそれでも前半は誰が誰だかよくわからず…俺がもの知らないだけとは思うけど後半戦入ってからようやく人間図を理解。それから面白くなってきました。
王暗殺のためだけに育てられた子供達と王様の主従関係が哀しく描かれてました。今までみた韓国王様映画の中で一番ダークです。
もう一回見直したら更に面白いんだろうな〜。
wbwkrkg
wbwkrkg
イ・サンの先代の王(祖父)と父の間に起きた悲劇的な事件をテーマにした「王の運命 歴史を変えた八日間」を去年観たのですが、この作品はイ・サンが王に即位した後の暗殺計画を扱った作品です。

これまた觀応えたっぷり、ものすごく悲しく胸が締め付けられる内容なのに目が離せなくなった。

王の暗殺のために育てられた3人、中でも小さい頃から王の側近として常にそばにいた尚冊カプスと王との関係が辛すぎた。

また、刺客のウルスとカプスとの再会も。。。(泣)

暗殺実行のシーンは画面が暗いけど、明るいとけっこうグロそうだったのでそれはそれで良かったかも。

王大妃役がドラマ「屋根部屋のプリンス」のヒロインのハン・ジミンということに気づいた時はちょっとテンション上がったわ。

イ・サン、カプスを演じた俳優さん達か格好よかった。

共有する

関連ニュース

関連映画

ルワンダの涙 ルワンダの涙
プロット  イギリス・ドイツ合作
01月27日 2007 劇場で

涙の季節 涙の季節
プロット  日本
03月12日 1969 劇場で

ジュリアン・ポーの涙 ジュリアン・ポーの涙
プロット  アメリカ
07月18日 1998 劇場で

ホモ・サピエンスの涙 ホモ・サピエンスの涙
プロット  スウェーデン・ドイツ・ノルウェー合作
11月20日 2020 劇場で

天使の涙 天使の涙
プロット  香港
06月29日 1996 劇場で

素肌の涙 素肌の涙
プロット  イギリス
09月02日 2000 劇場で

ニューリリース