6.7
 合計13件のレビュー
評価しますか
この映画を見たい?
 映画を見たい    しない

50% 欲しいです,合計 180

レビュー  |  共有する 

細い目 プロット

2009年に51歳で他界したマレーシアの名匠ヤスミン・アフマド監督が04年に手がけた長編第2作で、アフマド監督作品ではおなじみとなるオーキッドという名の少女が登場する“オーキッド3部作”の第1作。マレーシアの多民族社会を背景に、マレー系の少女と中国系の少年の初恋を大胆かつ繊細な描写で描き、マレーシア・アカデミー賞でグランプリをはじめ6部門、東京国際映画祭で最優秀アジア映画賞を受賞した。香港の映画スター・金城武が大好きなマレー系の少女オーキッドは、露店で海賊版のCDやDVDを売る中国系の少年ジェイソンと出会い、恋に落ちる。民族も宗教も異なる2人だったが、互いの家族に温かく見守られながら、かけがえのない初恋を育んでいく。しかし、民族的出自が原因で大学進学の道が閉ざされているジェイソンは、裏稼業の元締めであるジミーやその妹マギーとの関係を断ち切ることができない。一方、オーキッドにはイギリス留学の日が近づいてきて……。19年7月「伝説の監督 ヤスミン・アフマド 没後10周年記念 特集上映」(19年7月20日~8月23日、東京・シアター・イメージフォーラム)での上映されたのち、同年10月から全国で単独劇場公開。

細い目 俳優

細い目 写真

細い目コメント(8)

bofjnzw
bofjnzw
民族、宗教、言語など、異文化のるつぼと言われるマレーシアは、さすがに複雑。けど、その中で違いを乗り越えることは、他のエリアの参考に。
内容は、人を見る目が優しい。
aafinfu
aafinfu
ヤクザの下でコピー映画ソフトの露店をしている中国系青年リーは、裕福な家庭で育った金城武ファンのマレーシア人少女オーキッドに一目惚れして、恋に落ちる。

オープニングのクレジットやタイトルなどが手書きのアニメーション風に始まるところから引き込まれる。

民族と宗教の違いを感じさせる過程やお互いの家族の描写、複数の言語での会話などのマレーシア独特の雰囲気も興味深い。

初のヤスミン・アマドフ監督てあるが、独特のテンポ感に最初は途惑うが、全体に明るいユーモアを交えて進む演出も上手い。しかも普遍的な暴力の影もきちんと感じさせるところなども巧みである。

劇中で交わされる映画話にジョン・ウーの「男たちの挽歌」や「ブロークン・アロー」などの映画秘宝的タイトルが並び親近感。

少しカラーバランスを崩した色調と淡い彩度の映像から見えるマレーシアの日常描写も美しい。

悲劇のラストだか、なんとも云えぬ余韻もありとても心に残る。おススメです。
wsgaen
wsgaen
ありがちなストーリーだし、スッキリしない。
hxpwgi
hxpwgi
対立する家やグループ、階級を超えた恋愛ほど描かれ続けてきたテーマもないでしょう。
ロミオとジュリエット、ウェストサイドストーリーもそうですね。
さて、本作も正統を受け継ぐ作品です。
それだけでなく、過去の名作の影響が、明示的にも、暗示的にも見てとれます。
本作は、言ってしまえば、ザ・王道ドラマを多民族国家であるマレーシアを舞台に描いた、という映画です。

レビューの評価は高いし、受賞もしてるし、悪い作品ではもちろんないのですが、脚本、演出ともに未熟さや甘さが目につきました。早世したために、残された作品も少ない、日本の血もひくムスリムの女性監督の作品、色々な要素があって、2019年の東京でも、観客は入ってました。でも、ごめんなさい、平凡な作品だと感じました。

唯一、主演のシャリファ・アマニは可憐だし、ラストの演技は神がかっています。
iqbltq
iqbltq
マレー語、福建語、英語、北京語が乱れ飛ぶ多文化社会の複雑さ。おっとりと暮らすマレー系のオーキッド一家。緊張感のある環境のジェイソン。ペラナカンの流れをくむ彼は普通の中国系とも違うメンタリティを持つ。それらを温かく描く監督の目線が最後のアクシデントまでやさしく包む。
マレーシアっていい所だと思わせてくれる良い映画だった。
映画(2004年)では髪を覆うトドンを見なかったがイポーではあんな環境だったのでしょうか。