6.9
 合計18件のレビュー
評価しますか
この映画を見たい?
 映画を見たい    しない

50% 欲しいです,合計 160

レビュー  |  共有する 

SKIN スキン プロット

2003年にアメリカで発足したスキンヘッド集団「ヴィンランダーズ」の共同創設者ブライオン・ワイドナーの実話をもとに製作され、第91回アカデミー賞を受賞した短編映画を長編化した社会派ドラマ。白人至上主義者に育てられ、スキンヘッドに差別主義者の象徴ともいえる無数のタトゥーを入れたブライオン。シングルマザーのジュリーと出会ったブライオンは、これまでの憎悪と暴力に満ちた自身の悪行の数々を悔い、新たな人生を始めようと決意する。しかし、かつての同志たちは脱会を許さず、ブライオンに執拗な脅迫や暴力を浴びせてくる。そして彼らの暴力の矛先はジュリーたちにも向き始める。ブライオン役を「リトル・ダンサー」「ロケットマン」のジェイミー・ベル、ジュリー役を短編版「SKIN」にも出演したダニエル・マクドナルドがそれぞれ演じる。イスラエル出身のユダヤ人監督ガイ・ナティーブが、短編に続きメガホンをとった。劇場公開時には一部劇場で基になった短編版も上映。

SKIN スキン 俳優

SKIN スキン 写真

SKIN スキンコメント(20)

dfqphz
dfqphz
コロナ禍の毎日、インターネットで猫の動画を見て癒やされている人もいると思う。猫の動画で何故癒やされるのかというと、医学的には脳内ホルモンと言われるセロトニンやドーパミン、愛情ホルモンと呼ばれているオキシトシンなどが分泌されるからとされている。どうしてそういうホルモンが分泌されるのかについては、医学は答えを持たない。種の保存本能だろうか。人は小さい哺乳類が傷つけられるのを嫌うのかもしれない。
という訳で可愛らしい子猫を捻り殺すようなことは残忍な行為とされる。こちらに害をなさない動物を殺すのは、普通の人にとって実行するのがとても難しい行為だ。どうしてもやらなければいけない場合は、慣れるしかない。中国で大量の民間人を虐殺した日本軍の兵隊は、最初は殺せなかったが、チャンコロと呼ぶことに抵抗がなくなるのと並行して
必要もないのに害をなさない動物を殺すのは異常者だが、生まれついての異常者というのは考えづらく、やはり幼少から生きてきた環境で異常になっていくのだと思う。つまり慣れるということだ。親から殴られ続けて育ったり、先輩から殴られる部活動にずっといたりすると、殴られることに慣れ、やがては殴る立場になる。同じように動物でも人でも、害のない相手を簡単に殺す集団にいると、殺すことに慣れてくる。そしてそれは不可逆である。一旦慣れてしまうと、慣れていない頃の精神性には戻れないのだ。
人を殴れる人間、人を殺せる人間に、そうでない人間は恐れをなす。正常な人間は異常な人間を怖がるのだ。そして恐怖心から生じる主従関係になって人格を蹂躙される。実はこの図式が世界中の多くの集団に蔓延している。異常者が正常者を支配するという歪んだ図式である。暴力団も暴走族も学校の部活もあくどい企業も、皆同じなのだ。

本作品の主人公も育ってきた環境から、異常な集団の一員になる。異常な集団の最後の踏絵は、自分に害をなさない人間を殺せるかどうかである。銃で撃ってくる敵なら反射的に撃ち返すし、殺すことも厭わないだろう。しかし見ず知らずの無抵抗な人間を殺せるかというと、普通の神経では殺せない。子猫の首を捻って殺すことができるかと同じだ。普通の人は子猫を殺せない。しかし慣れれば別だ。子猫の顔を掴んで黙らせる、別の手で首を親指と人差指と中指で掴み、手首を返して首の骨を折る。心を凍らせて手順を踏める人間だけが子猫を捻り殺せる。そして無抵抗の人間も同じように殺せる。

そんな人間はおかしいと思うことから、主人公の戦いが始まった。それは暴力的な自分自身との戦いでもある。組織に矯正されて子猫を殺せる人間になる前に、殺せない人間でいることを選び、そこに踏みとどまるのだという強い意志があった。
ヘイト集団だけが異常な団体ではない。異常者が指導するあらゆる組織、団体、そして共同体は、国家も含めて世に蔓延している。組織は抜け出そうとする者を許さない。裏切り者という言葉がある。会社でも部活でも暴走族でも、異常者の牛耳る集団をやめる人間はみんな、集団から裏切り者扱いされる。裏切り者に対する懲罰は苛烈を極める。次の裏切り者の出現を許さないためだ。
主人公ブライオンは組織の中でも幹部だ。覚悟の証である入れ墨は顔にまで入っている。逆に言えば顔の入れ墨のおかげで幹部になれたのかもしれない。根っからのレイシストではないが、家族に恵まれなかった彼は組織を家族だと思いこんでいて、家族の意向は自分の意向だと考える。殆どネトウヨの精神性と同じである。
本作品はヘイト集団から脱出しようとする物語であると同時に、ヘイト集団と似たような組織が世界中にあること、場合によってはそれが国家であることも含めて、勇気を出せばそこから脱出できるという物語でもある。
otrdai
otrdai
終わり方に納得いかなかったんだけど、実話なんだからどうしようもないなぁと言った感じ。
自分は因果応報を推したいんだなと再認識できた。

タトゥーを入れたことを後悔してる人と会った事があるけど想像以上に消すのは大変なんだな、と感じた。
ibbaeg
ibbaeg
実話もの。
いやー、こわいこわい。
暴力を繰り返す白人至上主義のカルト差別主義者(レイシスト)集団の共同創設者の男が、自らの犯したことに後悔と罪悪感を抱き、愛する人に出会ったことを機に普通の暮らしがしたくて脱会を企むのだが。
それを許さないと、脱走先の別の州まで追いかけてきて、脅迫、暴力、銃撃を繰り返すかつての仲間たち。
シーンのほとんど全てが暴力。
カルトがどうやって新規加入者を勧誘して取り込むのかの手口まで紹介し、卑劣な存在であることを浮き彫りにしていく。
観てるだけで痛くてつらかったし、いかにカルトから脱会するのが難しいかを示していた点でも、(面白いかは別にして)有意義な作品だと思いました。
okppfr
okppfr
ネタバレ! クリックして本文を読む
プロローグではないが、まず、おバカなレイシストの悲劇が流れる。白人にも貧困層がいて、主義・主張を誇示するのは構わないと思うが、暴力は悲しみしか生まない。インパクトのある短編だった。

そして、本編(長編)は、そんな組織からの脱退を決めた若者の苦悩と成長の物語。

危険な組織、団体は差別主義だけじゃない。
宗教、ギャング、色々あるから、改心したい方は勇気が貰える映画だと思う。
toxdbv
toxdbv
そこに映るのは、「リトル・ダンサー」の可愛らしい子役が大人になったジェイミー・ベルの姿ではなく
痛く刺さるような眼をしたレイシストそのものだった。
顔中のタトゥーよりも、その眼が怖かった。
そして、悲しかった…。

空腹から、貧困から、辛い環境から逃れるため、
レイシストの集団に足を踏み入れ、
疑似家族のようなコミュニティで、
洗脳されていくギャビンの姿とその先の姿のようなブライオンが重なり辛かった。

本当に愛せる安らぎを感じられる者たちに出会えたことで変わろうとする、変われるチャンスを得たブライオンはある意味ラッキーなのだろう。
結婚式を挙げに行く家族の幸せな姿に、このまま何も起こらないで平穏な日々が続いて!と涙が溢れた。

差別は環境によって植え付けられる
意識ない幼き者を守り導くのは正しき大人
レイシストとなってしまった大人を変えられるは、子どもであり大人であり、周りの愛情と信頼と、本人の強さ。

人種差別だけでなく、あらゆる差別のない平等で平和な世界になって欲しい。
なるように努力をしよう。