大海原のソングライン プロット

太平洋のイースター島からインド洋のマダガスカルと、16の島国に残る伝統的な音楽とパフォーマンスを記録した音楽ドキュメンタリー。5000年前に太平洋を航海していた人びとは、数千年をかけて地球の半分を覆うさまざまな島にたどり着いた。文字が普及する前の時代、人びとをつないだのは文字ではなく音楽だった。オーストラリアの先住民に古来より受け継がれてきたソングラインという思想、信仰。生活の中で動植物や自然を歌い、数珠つなぎにさまざまな歌が重なり合う独特の表現方法を持っている。このソングラインという思想に基づき、かつて同じ言葉や音楽で繋がっていた島々の歌をもう一度集結させる壮大な音楽プロジェクトを追っていく。

大海原のソングライン 写真

大海原のソングラインコメント(3)

ibbaeg
ibbaeg
美しい自然、広がりを感じる音響設計、には惹かれました。
みんなで演奏!的な仕上げ方は多少の面白さを感じたけれど、ソング“ライン”というような繋がりはあまり感じなくて、時折差し込まれる環境の情報と相俟って、意図するものが自分には理解しかねました。
先住民的な音楽などには非常に興味をそそられるのですが、現代的に作曲され洗練されたと思われる音楽群には不思議と何も感じず・・・あまりに普通すぎで、もはや土着性など微塵も感じない、単なるポピュラー音楽にしか聞こえませんでした。悪くはないと思ったし、地道に録音されたものが重厚に重ねられていて、凄いんですけど、その音楽は自分には普通に聞こえてしまう─だったら別の音楽聴きます、となってしまいます。
それほど刺激もなく静かーに推移して終始その雰囲気を尊重した作品です。
あらゆる物事に対して優しいことは間違いなしです。
orswsn
orswsn
環太平洋の海洋民族。
ハワイ、ポリネシア、ミクロネシア、縄文ヤポネシア。
琉球も台湾も、インドネシア、東南アジア。
スンダランドから、ムーの記憶へ。
言葉以前の、歌や音楽でつながっていた時代が、現代でも通用することを証明するかのような映画です。
背景となるその大自然の美しさに相まって、自戒を込めた警告文のスーパーが重なる。
母系社会の循環しつづける変わらない伝統文化と、父系社会で破壊し尽くした変わらなくてはいけない現代文化の最後の時代に生きている。
このままなら、悠久の流れの中にあったあの歌もあの音楽も、あの海や森も、一瞬にして消えて無くなるだろう。
それを決めるのも人間。
コロナ騒ぎだってそう。
異常気象を騒いでるのも。
問題をすべて外側の世界になすりつけて、自らの内側を変えようとはしないかぎり。
立ち止まろう。
まだ間に合う。
必要なものはすべてあるのだから。
そんなメッセージがきこえてくる映画でした。
yydlkb
yydlkb
エンドロールまで魅力的な音楽がたっぷり聴けました。
欲を言えばもっと民族音楽を際立たせた内容であったら、もっと好きでした。
異なる場所の音楽を融合させるベースに西洋音楽の理論が使われていて、
どこかで聞いたことのあるような音楽になってしまうのがもったいなく感じました。

共有する

関連ニュース

関連映画

天空の草原のナンサ 天空の草原のナンサ
プロット  ドイツ
12月23日 2005 劇場で

金髪の草原 金髪の草原
プロット  日本
09月09日 2000 劇場で

大海盜 大海盜 大海盜

動作,劇情  香港
07月27日 1973 劇場で

凪の海 凪の海
プロット  日本
06月08日 2020 劇場で

プラスチックの海 プラスチックの海
プロット  イギリス・香港合作
11月13日 2020 劇場で

海の上のピアニスト 海の上のピアニスト
プロット  イタリア・アメリカ合作
08月21日 2020 劇場で

ニューリリース