7.1
 合計17件のレビュー
評価しますか
この映画を見たい?
 映画を見たい    しない

50% 欲しいです,合計 170

レビュー  |  共有する 

女の中にいる他人 プロット

エドワード・アタイヤの「細い線」を「肉体の学校」の井手俊郎が脚色、「乱れる」の成瀬巳喜男が監督した心理ドラマ。撮影は「けものみち」の福沢康道。

女の中にいる他人 俳優

女の中にいる他人コメント(4)

Ksgoixnsmhp
Ksgoixnsmhp
ネタバレ! クリックして本文を読む
1=田代は、暗くて自分本位の嫌な男 → 殺人もしている
2=なお、殺人と言っても、頼まれて首絞め → 嘱託殺人に近い、 殺意はない
3=妻は、夫に「明日、自首する」と告白され、自分の子供等の安定を考え、夫を毒殺
4=夫は直前に書類整理してるし、毒物の入手も夫なので、自殺扱いとされた
5=題名の由来は、妻が家族の事を重視し、夫を殺害したこと
6=案外面白かった
Mhokxpsgnis
Mhokxpsgnis
自分のことしか考えていない男とそれに振り回される妻と親友の映画。
Kshgmxniosp
Kshgmxniosp
神保町シアターの成瀬巳喜男特集にて

上映予定の「石中先生行状記」が、おそらく東宝の管理不備と思われる不手際で急遽差し替え上映になっただか、以前に新文芸坐シネマテークのクロード・シャブロル特集で観た『一寸先は闇』(1971年フランス・イタリア)と同じエドワード・アタイヤの原作で、これも見たかったのでラッキー。

親友の妻を情事の末に絞殺した男が、親友と妻に罪を告白して許されるが、罪に苛まれて自首を決意するが、それに気づいた妻に事故に見せかけて薬殺される。

当然だか、『一寸先は闇』と同じ原作なので、話も落ちも一緒の様子だか、フランスと日本の舞台背景に違いと比較して楽しめる。

成瀬監督作品としては、珍しい陰影の濃い照明やソラリゼーションみたいな画面処理なとの分かりやすいスリラー演出があり、モノローグや台詞がやけに成瀬作品の割に饒舌に感じる。

自首すると聞いた時の新珠三千代の能面の表情怖い。

鎌倉が舞台で江ノ島の花火大会がクライマックスに装置として使われるのには、正直あまり意味ない印象を受けるが、鎌倉が舞台で江ノ電が登場しないのは、逆に珍しい。

個人的にはフランス版の方が好みだか、甲乙付けがたい出来だと思う。
snwawe
snwawe
・事件の真相が冒頭から分かりやすくて、どう展開していくのか疑問だった
・主人公の決意が自分本位で、奥様の言うことの方が正しく思えてしまう
・そもそも自分本位だからこその行為だった。頑固で面倒な人間に見えた私が間違ってるんだよなぁ

共有する

関連ニュース

関連映画

壁の中に誰かがいる 壁の中に誰かがいる
プロット  アメリカ
01月01日 1900 劇場で

箱の中の女 処女いけにえ 箱の中の女 処女いけにえ
プロット  日本
09月07日 1985 劇場で

人、中年に到る 人、中年に到る
プロット  中国
11月26日 1983 劇場で

鏡の中にある如く 鏡の中にある如く
プロット  スウェーデン
07月23日 2018 劇場で

君はどこにいるの? 君はどこにいるの?
プロット  ロシア
02月19日 1994 劇場で

見憶えのある他人 見憶えのある他人
プロット  フランス
11月08日 1997 劇場で

ニューリリース