6.6
 合計16件のレビュー
評価しますか
この映画を見たい?
 映画を見たい    しない

50% 欲しいです,合計 165

レビュー  |  共有する 

君が世界のはじまり プロット

「おいしい家族」のふくだももこ監督が同作でもタッグを生んだ松本穂香を再び主演に迎え、自身の小説を原作に描いた青春映画。ふくだ監督が執筆した小説「えん」と「ブルーハーツを聴いた夜、君とキスしてさようなら」の2作品を、「リンダ リンダ リンダ」「聖の青春」「愚行録」などを手がけてきた脚本家の向井康介がひとつの物語に再編し、閉塞的な地方都市に生きる若者たちの、危うくはかない日々を描いた。大阪のとある町。深夜の住宅地で、高校生に中年の男が殺害される事件が起こる。町に暮らすの高校2年生のえんは、彼氏をころころ変える親友の琴子と退屈な日々を送っていたが、琴子がサッカー部のナリヒラ君に一目ぼれしたことで、2人は徐々にすれ違うようになっていく。 同じ高校に通うジュンは、母が家を出ていったことを無視し続ける父親に何も言えぬまま、放課後のショッピングモールで時間をつぶしていた。東京から転校してきた伊尾と会ったジュンは、求めるものもわからぬまま伊尾と体を交わすようになるが……。

君が世界のはじまり 俳優

君が世界のはじまり 写真

君が世界のはじまりコメント(20)

cfuvcpv
cfuvcpv
松本穂香は好きですが、この映画には退屈さを感じてしまいました。
色々描きたい内容はあったのだろうと思いますが自分には響かず。もっとシンプルで分かり易い青春映画が観たかったです。
swgjrhg
swgjrhg
いつだって、世界はひらけているのに
こころを閉ざしているかぎり
そこが世界の中心であり、限界である。

そのこころを隔てているものは
家族だったり、学校だったり、
住んでいる街だったりと
いつだって〈自分 対 社会〉
他者との距離にほかならない。

だから、歌にすがった。
悲しいときはこの歌を、淋しいときはあの歌を…

ヒトは誰しも「自分は特別なんだ」っと悲観して
ちっぽけなニヒリズムに浸りがちになる。
けど、「自分だけじゃないんだ」っと気づけば
途端に他者との、社会との距離が狭まり
世界がひらけて、きらきらとひかりだす。

そこが新しい《世界のはじまり》

そして歌が鼓舞する
「ガンバレ!」っと…

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.

“原作”リテラシー。
しいては、“ザ・ブルーハーツ”リテラシーが
なかったわたしには唐突過ぎて
正直、おいてきぼりを痛感しましたが
一場、一場で観たら
キャスト各々の印象的な名演が織りなす
こころに刺さる場面はありました。 確かに…
wjxirww
wjxirww
松本穂香さんと片山ゆうきさん中田さんともに良かった。片山さんは、テレビ版セトウツミ以来気になっていたが良いですね。
ベルモールとエンディングの人にやさしくが印象的でした。
wmfcczd
wmfcczd
映画っぽくていい。
2時間でひとつのとてもよい作品になってる。
最後まで観て欲しい。

タイミングで「思い思われふりふられ」の後に鑑賞。
同じ高校生の話なのに、正反対(笑)
ただ、こっちの方がリアルに感じます。
単純な恋愛とか性とか暴力とかでは分類しにくい、いろいろなリアルな悩みなんだろうと。

ネタバレしない範囲ですが、オープニングのシーンが心から離れないのですが、それがとてもよくきいている。
人を殺してしまう人とそうならない人は、そう違いはない、というメッセージが強い。

強いてあげると、、、音がうるさい!
映画館の調整もあるのかもしれないけど、突然爆音で音楽流れたり、急に絶叫するので、とても辛く不愉快。その後は、いつ爆音になるなビクビクしながら観ていた。

終わり方もとてもいい。清々しい、、とは違う。不思議な後味。
fpbzjm
fpbzjm
高校生を演じる主要キャスト6人は、それぞれ強い存在感を放っておりました。全員が全員、印象に残る。
しかしなぜか物語そのものは散漫に感じました。なんでも、別の2つの原作小説を引っ付けて1つの映画にしたんだそうな…なるほど。
2つの原作者=この映画の監督なので、どう料理するのも監督の裁量の範囲なのでしょうが、それにしてももっとやり方があったのでは???

映画館からの帰り道、僕はずっとブルーハーツの歌(テーマ曲)を口ずさんでました。
くっそー!めっちゃ心に刺さってる映画やのになぁ。このモヤモヤ感をどうにかして欲しい(笑)。

共有する

関連ニュース

関連映画

うたのはじまり うたのはじまり
プロット  日本
02月22日 2020 劇場で

世界の始まりへの旅 世界の始まりへの旅
プロット  ポルトガル・フランス合作
03月21日 1998 劇場で

僕の、世界の中心は、君だ。 僕の、世界の中心は、君だ。
プロット  韓国
08月26日 2006 劇場で

最初的路 はじまりのみち 最初的路
はじまりのみち
劇情  日本
06月01日 2013 劇場で

まともじゃないのは君も一緒 まともじゃないのは君も一緒
プロット  日本
03月19日 劇場で

ニューリリース